知人と会話していて、分からなかった言葉…

「カラスのお灸」

口の端が切れたり割れたり炎症をおこす口角炎を
まれに「カラスのお灸」と呼ぶ事があるそうです。

なったことあります!
なかなか治らないんですよね。
食事するたびにピキッと…(´д`、)

カラスのお灸と言われるようになった理由というのには
様々な説があるようですが一番有力な説となるものを発見。

昔、口角炎は食物と関係があり、特に偏食や食事のお行儀の
悪い子がなりやすいと言われていたそうです。

自然界では死体までつつく雑食性のカラスが、
最も行儀の悪い生き物とされ、人間の子供で
行儀の悪い子がいるとカラスに仲間だと認められ
嘴に目印をつけ、それが口角炎になるから
と言われていたからだそうです。

原因はビタミンB不足、疲労などがあるようです。
口内炎も同じような原因から、できてしまいますよね。

栄養のバランスがよくない時や体調が悪い時に
症状が出やすようなので、改善する為にも
予防にもバランスを考えた食事は大事ですね。

 

<スポンサーリンク>