おぼっちゃまくんの新作が、

「コロコロ・アニキ」で復活するんだって!

幼少の頃、おぼっちゃまくんのお下劣なギャグに

喜んでいた世代の自分にとっては

テンションあがるニュースです!

 

作者の小林よしのりさんのサイトでも

発表はされているけれど、内容は

全く不明なんですよね…

 

当時、お下劣過ぎて批判もあったようですが

今の時代に受け入れられるのか、

同じような描写はあるのでしょうか。

 

世代の人間からすると、そのままの

テイストで掲載してほしいんだけどな…

 

また当時のコミックを見たくなりました。

古本屋さん行ってこようかな。