映像化NGと言われていたアゴタ・クリストフの
「悪童日記」が映画公開されてますね。

主役の双子が良く見つかったなぁ。。。と感心(^_^;)

本の最後はかなり衝撃的な結末でした。
「双子」であるがゆえ、そのラストは考えなかったなぁ。。。という感想。

映画も同じラストなのかな??
見てみるしかないですね。