世界一美味しいといわれるコーヒー、コピルアック。
生産量が少ないから高価です。

まあ、そこまでは分かるのですが、
なぜ生産量が少ないか?

ジャコウネコがコーヒー豆を食べて
その排泄物の中の消化しきれなかった分の
コーヒー豆がコピルアック(世界一美味しいコーヒー)です。

えー!!と思われるかもしれませんが、
衛生面は全く問題ないようです。

コーヒー豆にはパーチメントという皮があって、
その中に豆はあります。

それにしても最初に発見した人はどうして
それを飲んでみようと思ったのだろうか?

<スポンサーリンク>