暖房機器にはいろんな種類がありますよね。

種類やメリットについてまとめてみました。

【エアコン】
☆メリット
光熱費の効率は全暖房の中でも最も高い
安全
部屋全体を暖める能力が高い

☆デメリット
乾燥しやすい
他の暖房器具より機器代が高い
室外機を置くスペースが必要

【石油ファンヒーター】
☆メリット
速暖性がある
部屋全体を暖める能力が高い
光熱費効率性が高い

☆デメリット
灯油を補給したり購入する手間がかかる
定期的に換気が必要
灯油独特のニオイがある
停電時は使用できない

【ガスファンヒーター】
☆メリット
速暖性が高い
部屋全体を暖める能力が高い
燃料を補給する手間がかからない
石油ファンヒーターより嫌なにおいが少ない

☆デメリット
工事費がかかる
定期的な換気が必要
停電時は使用できない

【セラミックファンヒーター】
☆メリット
安全
速暖性が高い
加湿器機能など、付加機能が付いている

☆デメリット
電気代が高くなる
広い部屋には適さない

【石油ストーブ】
☆メリット
部屋全体を暖める能力が高い
ファンヒーターとは異なり停電時も利用できる

☆デメリット
灯油を補給したり購入するための手間がかかる
定期的な換気が必要
灯油独特のにおいがある
すぐには部屋全体が温まりにくい

【電気ストーブ】
☆メリット
速暖性が高い
機器代金が安い
空気を汚さない

☆デメリット
長時間使うと光熱費が高くつく

【ハロゲンヒーター】
☆メリット
速暖性が極めて高い
機器代金が安い
空気を汚さない

☆デメリット
ホコリがたまると火事になる恐れがある(こまめな掃除が必要)
ランプの原理を利用しているので発熱面が眩しい(ぎらぎらする)
消費電力が大きいので長時間使うと光熱費が高くつく

【オイルヒーター】
☆メリット
部屋全体があたたまると快適
空気を汚さない
安全性が高い

☆デメリット
電気代が高くなる
温まるまで時間がかかる

【ホットカーペット】
☆メリット
他の暖房器具と併用することで体感温度があがる
安全性が高い

☆デメリット
暖房効果が及ぶ範囲が限定される

【こたつ】
☆メリット
速暖性を持ち、部分暖房効果は高い
一度温まれば効果は比較的長持ちする

☆デメリット
ごく一部にしか暖房効果がない

【床暖房】
☆メリット
床を直接暖めるので快適
体感温度も上がりやすい
安全性が高い

☆デメリット
導入費用が高い

 

個人的には、ホットカーペットとファンヒーターが

自分のスタイルには合ってると思いました。

選択生活スタイル次第ですね。

 

<スポンサーリンク>