大阪の北新地社交料飲協会が35年ぶりに
ホステス心得帖を復活させた事が話題になっています。

北新地のホステスさんは、東京銀座のホステスさんも
一目置く、日本でも特別なホステスさん。

銀座には超一流店もありますが、キャバクラ
に近いものもあるそうです。
しかし、北新地には超高級倶楽部ばかりだそうです。

北新地のホステスさんは、ホステスの
エリート中のエリートなのだそうですね。

そんな北新地のホステスさんの為の心得帖とは

・美人には2種類ある。黙っていると美人と言うタイプと、喋り出すと美人と言うタイプである。黙っていると美人は3回で飽きる。

・自分のセールスポイントが何かよく心得ておくこと。何もなければ月給泥棒である。

・孤独に耐える強さがないと、必ず何かで失敗する。誰も頼りにしないと言う位強いことはない。

・男の最低の姿を見て全てを判断するな。男はその人が思っているほど立派ではないが、ホステスが考えているよりかは高級である。

・裏方の人たちに威張らないこと。人間は自分より立場の弱い人に対する態度で、その人の値打ちが決まる。

素晴らしいですね!
この心得が大企業の社長さんなどとも渡り合える、ホステスさんの秘密なんですね。

この、心得帖は北新地社交料飲協会のHPから

ダウンロード出来るそうです。

ホステス目指してるわけじゃないけど、人間として成長できるかも。
ダウンロードして全部読んでみます。

<スポンサーリンク>