カナダでマリフアナを合法にする、という法律を
2017年春に導入するという方針が発表されたようです。

国にによっては、大麻の販売が認められている
ところもあるみたいですね。

医療目的での所持も禁止されている日本では
想像もできませんが…
世界的には大麻解禁の流れが加速しているようです。

そもそも、マリファナ(大麻)とは…

アサの花冠、葉を乾燥または樹脂化、液体化させたもので
肉体的な中毒性は低く、依存性があまりないそうです。
とはいえ、出現する症状としては、心悸亢進、結膜の充血、
色彩や音の感覚の変容など起るそうです…

しかし、世界で合法化の動きがあるのかというと、
大麻が、煙草やアルコールなどに較べてはるかに
無害なものである、ということが国際的にも
周知の事実となってきているそうなんです。

そうなんだ!!

大麻はHIV、アルツハイマー、うつ病、強迫性障害
不眠症、てんかん、気管支喘息、帯状疱疹、
多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症、クローン病
パーキンソン病など、約250種類の疾患に
効果があるとされているそうなんです!

そうなんだ!

それなら日本も医療目的なら合法になっても良いんじゃ!?
と思うのは私だけではないようですが、
やっぱ日本で合法なんてあり得ない話でしょうね…

 

<スポンサーリンク>